HOME > PRODUCT > 一枚板天板 > ウォールナット一枚板『木継』no.3

PRODUCT

< ウォールナット一枚板『木継』no.2  |  一覧へ戻る  |  ウォールナット一枚板『木継』no.4 >

ウォールナット一枚板『木継』no.3


MESSAGE 日本には茶器の『金継ぎ』のように割れたあとを『美』と捉え、景色と呼んで楽しみ独特の文化、美意識があります。意図せずできた自然の割れ・・・人の作為では踏み込めない美しさがあります。

トントントン・・・職人がひとつひとつ丁寧に割れた部分に木を埋め一枚板に命を吹き込みました。一枚板の新しい表現方法です。
ちぎりひとつの位置や大きさ、埋木の木目やカタチ、素材そのものが一番美しくなるようにと、職人がとことん手間をかけ思い込めて創りました。
完成した板はとても表情豊か。なんだか誇らしげに見えます。

KOMAの家具の仕上げは下地→天然オイル→天然ワックスという独自の方法を採用しています。
とても手間がかかる方法ですが、オイル仕上げの風合いはそのままにオイル仕上げと比べると輪シミが圧倒的にできにくいのが特徴です。一般に輪シミが全くできない方法としウレタン塗装がありますが、年月とともにだんだんと塗装が剥がれ経年劣化していくのに対し、KOMA独自の仕上げ方法は年月ととも自然の艶が増し経年優化し魅力を増していきます。一生ものとしてお使いいただけます。
SIZE W2110xD1240 T60
DESIGN BY Shigeki Matsuoka



< ウォールナット一枚板『木継』no.2  |  一覧へ戻る  |  ウォールナット一枚板『木継』no.4 >

カテゴリ:

このページのトップへ