HOME > PROJECT > コラボレーション > Ken Konno×KOMA no.1

PROJECT

< Ken Konno×KOMA no.2  |  一覧へ戻る  |  LOHAS STUDIO×KOMA >

Ken Konno×KOMA no.1

アーティスト今野絢さんの絵とKOMAの額のコラボレーション。どちらも主役でどちらも引き立て役になるという意図で製作。

何万回カンナをかけたかわからないというほど、厚みのある板からごく薄く削り出した有機的な形の額はウォールナットで製作をしました。

その額に合わせて描いた今野絢さんの印象的な美しい絵。どちらも主役の存在感です。

 
art frame2.jpg
art frame3.jpg

 
Ken Konnoプロフィール

4歳頃から絵を始める。路上でぺったと座って道路に絵を描いてたらしい。

小中高と美術部在籍、絵ばか。高校美術部在学中、商業イラスト・デザインを始める。

芸大受験失敗、諦め広告代理店ADACに入社。アート・デレクター兼イラストレーターをして勤務。

1974年。意を決し渡英、ロンドンにてハロッズ、セルフリッジース、ブリテッシュ・レイランド、IBM等の広告とイラストを手掛ける。

エリック・クラプトン、スタンリー・キューブリック等のレコードジャケット、ポスターを制作。

Club Legend の店内装飾等に携わる。当時の作品は"European Illustration","Black Book","London Illustrators"等に収録された。

1981年帰国。フリーランスで活動開始。

1987年、広告代理店アド・メディアの創立メンバーになる。

同社取締役クリエイティブ・ディレクターとしてタグホイヤー、ジバンシー、エステローダー、スイス航空、

BMW、ノキア、クラブメッド、ドコモ、フランス政府観光局、ポルシェ等のテレビコマーシャル、新聞・雑誌等の広告制作とイベント企画に携わる。

ネスレ、キリン、三菱自動車等のブランド戦略に携わる。

1998年、銀座電通ギャラリーにて個展。1989年、ドイツ、ミュンヘンでのアート展出展。

1993年、米、ニューヨークでグループ展。1998年、恵比寿ガーデンプレイスにてグループ展。

渡英中、自分の美意識が日本文化に根ざしてる事を強く認識し、帰国後、茶道・居合道などの稽古を続け日本オリジナル美意識の現代化を

ライフワークに水彩画、墨絵など創作活動中。

 

< Ken Konno×KOMA no.2  |  一覧へ戻る  |  LOHAS STUDIO×KOMA >

カテゴリ:

このページのトップへ