HOME > PROJECT > 函館蔦屋書店

PROJECT

< アンビエンテ2013 ドイツ  |  一覧へ戻る  |  lixilコンセプトカー >

函館蔦屋書店

2011.12東京代官山に、大人のための文化の牙城として誕生した代官山蔦屋書店。
そのDNAを引き継いで、人と人、人と文化をつなぐ場として2013,12に函館蔦屋書店が誕生しました。
もう、商業施設をつくるだけで、地域がいきいきとする時代ではありません。

IMG_5450.jpeg買い物だけならネットでもいい。求められているのは、ゆっくりと過ごせる空間でした。
本とおいしいコーヒーがあって、家族や友達とおしゃべりしたり、子どもたちもワイワイできる場所。

函館.jpeg学校や職場以外の、いわゆる第三の活動の場としても使える。
働く人たちが、お客さまと名前で呼び合うようないい距離感もできる。

IMG_3667.jpegものを買う場所は、ヒトもコトもつながる場所であるべきだと思います。
函館蔦屋書店がめざすのは、これからの時代のスタンダード。

地域のみなさんが気持ちよく過ごせる”居場所”になります。という函館蔦屋書店の家具を製作しました。
このプロジェクトもまた多くの素敵な出会いに恵まれ、次への舞台へと導いてくれた様に思います。

IMG_3658.jpegIMG_3662.jpeg

< アンビエンテ2013 ドイツ  |  一覧へ戻る  |  lixilコンセプトカー >

このページのトップへ