HOME > NEWS > テーブル 椅子 > STORY107 ■有機的な平面

STORY

< STORY106 ■ミラノ『ジャパンサローネ』  |  一覧へ戻る  |  STORY108 ■新作 ソファ >

STORY107 ■有機的な平面

20150702.jpg

KOMAの天板はカンナを使ってひとつひとつ仕上げています。

それは手仕事でしが生み出せない美しさがあるからです。

機械では到底つくりだせない有機的な平面が生まれます。

固い木がやわらかく感じるような、『あ、なんかいいな』と感じていただける天板になるのです。

写真は今一番人気のKOMAシェイプ仕様。(どのテーブルの形でも対応可)

天板の端をカンナで削ぎ落とした独特のやわらかみを感じる仕様で、KOMAならではの品質です。

カテゴリ:

< STORY106 ■ミラノ『ジャパンサローネ』  |  一覧へ戻る  |  STORY108 ■新作 ソファ >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ